和歌山カジノでビットコインを使えるのか?

和歌山カジノでビットコインを使えるのか?

和歌山カジノでは、クレジットカードや UnionPay などのカード決済のほかに、WeChatPay や Alipay に代表される世界中で多くの人に利用されているスマートフォン決済ができるようになり、カジノ場やIR施設内の様々な場所で入出金可能な専用ATMが設置されることが考えられます。

 

しかし、ビットコインのような仮想通貨によるカジノチップの購入や現金両替は、和歌山カジノで採用される可能性が低いかもしれません。

 
なぜかというと、仮想通貨は基本的に発行・管理母体となる組織が存在しないか、名前も知らないような小さな企業が発行しているケースがほとんどで、世界の人々が共通して利用できる通貨としては、流通量や信頼性に欠けているからです。

 

とくにビットコインは、2017年に世界中で一大バブルを巻き起こし、仮想通貨の存在を世界中に知らしめるという大きな功績を残しましたが、利用者が増えれば増えるほど送金手数料と送金時間が多くかかる欠点と、発行枚数があらかじめ決められていることで金のような働きを内包しており、一般のお金としては向いていないと言えるのです。

 
そのため、すでに役割を終えた通貨とさえ言われており、今後大きく価値を下げることが予測されています。

 

ただし、経済的に発展途上である一部の国では仮想通貨の高いニーズがあることも事実としてあり、将来国家発行の仮想通貨やグローバルIT企業によるクリプトアセットプロジェクトが出てきて、世界の多くの人々に利用されるコインが現れた時は、和歌山カジノでも米ドルやユーロ、ウォン、円などの既存通貨と肩を並べる決済方法の1つとして採用されるかもしれません。

 

★ビットコインで遊べる世界初のカジノ
≫ ビットカジノ(Bitcasino)の詳細はコチラ
 

 

関連記事

ページ上部へ戻る