和歌山カジノVIPルームは資金いくらで入れる?

和歌山カジノVIPルームは資金いくらで入れる?

和歌山カジノには、海外から多くの観光客が訪れることが予想され、とくに日本の高度なホスピタリティサービスや食事、技術力の高い商品などを求める富裕層が押し寄せることが容易に想像できます。

 
また、IRリゾートの近郊には、エンターテイメントや観光資源が豊富な大阪や奈良、伊勢や熊野といった日本のルーツを語る上で重要なパワースポットなど、海外での人気が高い観光地が目白押しなので、和歌山カジノは観光客を呼び込むためにかなり恵まれた立地にあると言えるでしょう。

 
そのため、カジノ場に富裕層のためのVIPルームを併設することで、思う存分お得にお金持ちたちが和歌山や周辺地区を楽しむことができる環境が整い、VIPルーム会員を多く取り囲むことができるかもしれません。

 

さて、海外のカジノ場にあるカジノVIPルームは、一般的に通常のカジノ場とは別の部屋か別の階層にあり、誰でも入場できるカジノ場のような人混みに溢れかえるザワザワとした状況とは異なり、とても静粛な空間で人通りがほとんどないような落ち着いた場所になっています。

 
また、通常のカジノ場よりもハイレートで遊べるゲームテーブルが用意され、VIP会員カードを持つ人のみが利用できるゲームフロアですが、VIP会員になるためには入会金として最低でも百万円単位のお金をカジノに預ける必要があります。

 
そしてこのお金は、全て現金化が不可能なゲームチップ(ノンネゴチップ)と交換されるので、バカラやブラックジャックなどのカジノゲームを必ずプレイせざるを得なくなり、ゲームで勝った勝ち金に関しては現金に換金できるシステムになっています。

 

ちなみに、海外カジノでのVIP会員になるための入会金は、マカオカジノが約320万~480万円、シンガポールカジノが約180万~900万円、フィリピンカジノが160万円前後が最低預金額に設定されており、さらに高額なプランを預金することで、ホテルやレストランでの食事の割引や無料利用が可能になったり、空港からの送迎車やプライベートジェット機の手配ができるようになるなど、様々な特典が付与されます。
 
* ラスベガスや韓国のカジノには初回デポジットのシステムは設けられていなかったと思います。

 

以上のことから、和歌山カジノでもVIP会員になるための入会金システムが作られることが見込まれ、とくにシンガポールカジノを参考に建設される可能性があるので、サービス内容やデポジット金額はシンガポールカジノに近い水準になるかもしれません。

 
具体的には、最低20,000SGD(約180万円)から最高で100,000SGD(約900万円)ほどのデポジットが必要になることが考えられるでしょう。

 
また、お金持ちのコミュニティ内でしか出回らないような1億円以上の高額デポジットが必要になる会員システムも、和歌山カジノでは採用される可能性があります。
 

関連記事

ページ上部へ戻る