和歌山でオンラインカジノゲームは導入される?

和歌山でオンラインカジノゲームは導入される?

近年、世界のカジノ場の中で、ラスベガスの一部のカジノやカンボジアのバベット地区のカジノ場で、オンラインでカジノゲームが遊べるサービスが出てきています。これは、カジノ場内で楽しめる通常のカジノゲームのほかに、現地に訪れなくても自宅やインターネットが繋がっている場所ならどこに居ても遊べるシステムですが、ここ数年間で利用者数が右肩上がりに上昇しているそうです。

 
そのため、2024年以降に開業予定の和歌山カジノでは、ひょっとするとこの最新式オンラインゲームシステムが導入されるかもしれません。

 

しかし、このオンラインゲームは、ヨーロッパなどで盛んに楽しまれているオンラインカジノとはバックグラウンドのシステムが異なり、あくまでリアルカジノが提供するサービスの一環としてカジノ場内からオンライン中継された映像を見ながら遊ぶテーブルゲームという位置付けがあります。

 
* ただし、モンテカルロカジノのように、モナコ現地に店舗があるカジノ場と、インターネット上で遊ぶオンラインカジノの2つを別々に運営している企業もあります。

 

ちなみに、最近日本でも知られるようになってきたこのヨーロッパ発のオンラインカジノは、通常のリアルカジノと同じく運営企業がカジノライセンスを取得して経営とサービス提供が行われていますが、こちらはオンラインカジノ専用ライセンスを取得して運営されています。

 
オンラインカジノを合法的に運営するには、必ずオンラインカジノの運営許可ライセンスを発行している国や地域から許可証を取得する必要があり、ライセンス発行国にはマルタ共和国やフィリピン経済特区、カナダのカナワキ領、キュラソーやジブラルタル、マン島に代表される税制上優遇措置があるミニ国家など20ヵ国以上の国が知られています。つまり、サービスがオンライン上だけで完結されているため、そのカジノがある国のライセンスを取得して経営するリアルカジノ(ランドカジノ)とは完全に異なり、他国のライセンスでもオンラインカジノ専用であれば経営できるというわけです。

 
ただし、運営ライセンスを取得するためには、経営資金や運営体制、株主に反社会関係者がいないか、ゲームソフトウェアは公平性監査を受けたものであるかなど様々な条件・審査を通過しなければならず、その点は普通のランドカジノと違いはないそうです。

 
日本ではまだ、一個人がゲームプレイすることに対するオンラインカジノの規制がないため、リアルマネーを賭けても問題はないと考えられますが、和歌山カジノでオンラインゲームシステムが導入されれば、正式に合法的な環境でインターネットを介したカジノゲームを楽しめるようになるかもしれません。
 

関連記事

ページ上部へ戻る