和歌山カジノディーラーになる方法と年収入&月収入

カジノディーラーになる方法

日本で最初に開業するカジノ施設は全国で3ヵ所の地域と決まっており、和歌山カジノも有力候補地の1地域として注目されていますが、そんな中でさらに注目されているのが、和歌山カジノのゲームを取り仕切る「カジノディーラー」と呼ばれる職業です。

 
もともと和歌山は、日本の神話やスピリチュアル世界にちなんだ場所、あるいは「大阪」や「京都」に近い立地ということで、外国人観光客に人気がある日本の観光地として有名で、将来も近場で旅行に行きやすい和歌山に来る「中国人富裕層」を中心とした観光客の数が、右肩上がりに増加する試算が出されています。そのため、カジノディーラー職の需要が非常に高く、これから仕事を探したり就職したい人にとっては働きやすい職業の1つになるとされているのです。

 
そんな「カジノディーラー」という職業に就くためには、まず日本で2004年4月開校した「日本カジノスクール」や、2015年開校の「日本カジノ学院」などカジノディーラー専門養成学校へ通う方法がベストではないかと思います。

 
≫ 日本カジノスクールの詳細はコチラ
 
≫ 日本カジノ学院の詳細はコチラ

 
たとえば「カジノスクール」では、ディーリングなどのプロカジノディーラーになるために必要なカジノゲームを取り仕切る技術や接客、外国語の習得、実地研修、さらにカジノの歴史・文化背景の講義にいたるまで様々な授業内容が用意されており、3ヵ月間、6ヵ月間、1年間の3種類のカリキュラムの中から選択するという構成になっています。そして、現在の受講生には、会社員、主婦、学生など10代~60代くらいまでの生徒がいるそうで、将来に進路に関しては、和歌山カジノやその他の日本カジノ、海外カジノ、豪華客船内のカジノ場、さらにカジノ以外でも接客力を生かしたホテルスタッフやイベントスタッフなど、様々な就職先が用意されています。
 

カジノディーラーになる条件

国名年齢背面調査ライセンス発行条件
アメリカ21歳以上あり各州がライセンス発行
カナダ19歳以上あり各州がライセンス発行
韓国19歳以上あり自国民のみライセンス発行
フィリピン21歳以上あり身長・容姿の審査あり(一部のIRのみ)
シンガポール21歳以上あり国がライセンス発行
カンボジア18歳以上特に条件はなし

カジノディーラーの年収・月収

また、給料については、海外のカジノディーラー職を例にすると、時給約8USDに加えてプレイヤーやカジノ客からのチップが主な収入源になっています。また、カジノディーラーの上司的なポジションであるピットボス以上の係員になった場合、年収1,000万円を超える高給取りになれる可能性もあり、時代に流れで色あせにくい職人的技術を身に付けられるという点、あるいは女性の職業として適している点(シンガポールでは女性カジノディーラー比率が60%以上で育児・子育て中の女性も多いそうです)、定年制度がなくいつまでも働き続けられるといったメリットがあります。基本的に残業システムもないため、オフの時間を確保しやすいという利点もあるのではないでしょうか。

 
* ただし韓国では、カジノディーラー職に就くことができるのは自国民のみで、定年は55歳までと設定されています。日本のカジノでも、ひょっとすると定年制は法律で定められる可能性があります。

 
一方、「カジノスクール」の大岩根代表によると、海外カジノで働く日本人ディーラーは非常に優秀な人が多く、日本人特有の丁寧な接客やおもてなしが高い評判になっているとのことなので、もともとカジノディーラーは日本人本来の性質に適した職業と言えるのかもしれません。
 

関連記事

ページ上部へ戻る