和歌山カジノゲームの確率論の考え方

和歌山カジノゲームの確率論の考え方

カジノゲームの勝敗を語るにあたり、勝つ確率と負ける確率という要素が絡んできますが、そもそも確率という言葉には2種類の考え方があり、1つ目は平均して10回のプレイで1回勝てる(=1/10の確率)といった理論上計算して算出する数学的確率というものです。そしてもう1つは、実際にカジノゲームを10回プレイして1回勝った(=1/10の確率)ことを示す統計的確率です。

 
カジノゲームの還元率は、一般的に数学的確率を参考として、プレイヤーにとって勝ちやすいゲームなのか勝ちにくいゲームであるのかを決めていきますが、実際のゲーム結果は統計的確率の数字となり、少ないゲーム回数では各ゲームたびに両者の値に大きな開きが出るので必ずしも数学的に勝ちやすいと言われるゲームがプレイヤーに有利であると言えないケースがあることから、その点がカジノゲームの面白さなのかもしれません。

 
* ゲームプレイの回数を増やせば増やすほど、統計的確率は理論値である数学的確率に近づいていき、これを大数の法則と呼びます。

 

そのため、長期間にわたりギャンブルをしないで少しの時間つまむ程度のプレイであれば、還元率の高いカジノゲームよりも、還元率がギャンブルの中でも際立って低い宝くじを買う方が、結果的に大当たりくじを引いてしまった…ということも十分ありえるのです。

 
カジノゲームの中でも、バカラやクラップスのようにプレイヤーに有利な勝率が設定されているゲームではなく、ルーレットの数字1点賭けが見事に的中して大金が入ることもあるかもしれないので、短い時間・期間のプレイであれば自分が好きなカジノゲームを選ぶと楽しめるのではないでしょうか。

 

また、確率論から考えた場合、1回1回のゲームのプレイ結果は独立事象であるという事実があるのですが、多くのプレイヤーが陥ってしまう状況として、例えばバカラで5回連続でバンカー側が勝利した時に、次はそろそろプレイヤー側が勝つに違いないと思ってしまう状況があります。

 
たしかに大数の法則を考えると、数学的確率に近づくということはバランスを取って次はプレイヤー側が勝つ確率が高くなると考えてしまいがちですが、実際にはバンカー側が何回も連続して勝利し続けようとも、次にプレイヤー側とバンカー側のどちらが勝つかの確率はやはり1/2(厳密には引き分けもある)となるのです。

 
そのため、わずかな時間や少ない試行回数から結果を予測するのは非常にナンセンスな話なので、和歌山カジノのゲームをプレイする際には充分注意しておきましょう。
 

関連記事

ページ上部へ戻る