和歌山カジノの予算&通貨(円/ドル/ビットコイン)

1. カジノゲームの予算

和歌山カジノでは、来場者によってカジノゲームで1日に使用する金額の予算が変わると思いますが、一般的には単に遊びに来た人で1日10,000円以下、海外のカジノ場を利用する人で1日50,000円~100,000円前後くらいが指標になるかもしれません。

 
また、マカオや韓国、オーストラリアなど海外カジノのVIPルーム会員であれば、1日最低でも数十万円~数百万円使うケースが普通なので、彼らのようなヘビーユーザーのカジノゲーム予算は数百万円~数千万円、プレイヤーによっては1億円を超えることも珍しくないでしょう。

 

ちなみに、ギャンブルに依存しやすい人の場合、カジノゲームに使う予算をキャッシングが可能なクレジットカードで持ってしまうと使いすぎる可能性が高く非常に危険なので、できれば旅行中に必要な金額だけを現金で持っておくことをオススメします。

2. カジノゲームの対応通貨

和歌山カジノでは、スロットマシーンで遊ぶ時やテーブルゲームで使うチップを購入する時に、自国通貨の日本円が基軸通貨になると思います。

 
おそらく、スロットやデジタルゲームのようなマシーンゲーム、ライブ中継ゲームでは日本円(または現金が印刷されたバウチャーペーパー)を機械に直接挿入し、テーブルゲームではキャッシャー(両替所)かディーラーに日本円をカジノチップに変えてもらいカジノチップで遊ぶことになるでしょう。

 

また、米ドルやユーロなどの外貨を持っている場合は、カジノ場内のキャッシャー(両替所)で日本円に両替することができ、外国で発行されたクレジットカードでも、キャッシャーかATMで日本円を下ろすことができるシステムになると考えられます。

 
そのほか、電子マネーやビットコインに代表される仮想通貨に対応したATMが設置される可能性もあり、様々な方法で日本円としてキャッシュ化することができるようになると思います。
 

関連記事

ページ上部へ戻る