和歌山カジノゲームの期待値&還元率(クラップス,スロット)

和歌山カジノゲームの期待値&還元率(クラップス,スロット)

和歌山カジノゲームには、それぞれのカジノゲームであらかじめ期待値(還元率)が設定されています。具体的には、スロットマシンが80%台〜90%近く、ブラックジャックが約98〜101%、ルーレットやバカラが約95〜98%、クラップスのPass Line(パスライン)、Come(カム)、Don’t Pass Line(ドントパス)、Don’t come(ドントカム)、Place Bet(プレイスベット)の6・8あたりのベットでハウスエッジが2%を切るレベル(つまり期待値約98%)です。

 
数学的な確率で考えた場合、期待値や還元率が高いカジノゲームほどプレイヤーが勝ちやすいゲームであると言えるため、バカラやクラップス、ブラックジャックをプレイしたり、ルーレットの2者択一ベットエリアに賭けを行う方法が効率が良いと考えられます。ただ、還元率が低いスロットマシンでもジャックポットに当選して数億円獲得したり、還元率が高いブラックジャックでは大勝ちを狙うことができず少しの利益にしかならないなど、実際には各ゲームの性質とプレイヤーの性格が複雑に絡み合ってくるため、一概に勝率が高いゲームが良いとは言いきれない部分があるのも事実としてあるので、注意しておくことに越したことはないでしょう。

 

なお、カジノゲームで勝つために期待値や還元率が高いゲームを選択する以外にも、長時間・長期間ダラダラプレイしないことも重要です。これは大数の法則を考えれば明らかなことですが、たとえばアメリカ式ルーレットで赤か黒のいずれかのエリアにベットする試行を10,000回繰り返した場合、半分以上当てて利益が出る確率は0.01%以下となり、99%のプレイヤーは最終的に負け越してしまいます。一方、1,000回あるいは100回のみのプレイであれば、それぞれ約4%、約26%のプレイヤーが勝ち越すことになります。(ここでは計算式の詳細を省きます)

 
また、短時間プレイ以外にも、その短時間の間に集中して大きく投資をすることも有効で、長い時間プレイして分散ベットするよりも確率的に元手が増えやすいという特徴があります。

 
たとえば、100万円の元手でバカラをプレイする場合の、10万円で10回勝負した時のお金の増え方を計算してみます。バカラは勝てば資金が2倍、勝つ確率は1/2なので、「10万円×2倍×1/2=10万円」あるいは「20万円×1/2+0円×1/2=10万円」となり、まともに数学的な確率計算を行うと元手はまったく増えないことになります。そのため、最もバカラで確実に元手を増やす方法は、100万円全額を一括でベットすることになり、計算式で表すと、「100万円×2倍×1/2=100万円」あるいは「200万円×1/2+0円×1/2=100万円」となるのです。100万円をフルベットすれば、負ければ0円になりますが、勝てば200万円となり、どの金額を賭けたとしても勝率が変わらないとなれば一発勝負にベットする方法が最も良いことになります。

 

このように、カジノゲームで高い確率で勝利をおさめるためには、期待値や還元率が高いゲームを選択することは真っ先にやっていた方が良く、その他プラスアルファとして、ベット回数を重ねずダラダラ続けないこと、さらに資金を多く持っているのであれば1回に大きく賭ける(プレイヤーがストレスにならないくらいの許容範囲内で)ことを戦略に取り入れるのがオススメです。
 

関連記事

ページ上部へ戻る