和歌山カジノゲームの詐欺&逮捕者防止対策(イカサマ/窃盗)

和歌山カジノゲームの詐欺&逮捕者防止対策

和歌山カジノには、世界中から数多くのカジノギャンブラーが来場することから、カジノゲーム中に詐欺が行われたり逮捕者がでる数も多くなるかもしれません。

 
実際、お隣中国のマカオでは、連日大なり小なりゲーム中に詐欺が行われるアクシデントやインシデントが起きていると言われており、毎月何かしらの事件を起こした逮捕者がでているようで、マカオに次ぐ世界第2位の売上をほこるラスベガスカジノでも、年間約500件の逮捕事例があると言われています。

 
そのため、和歌山カジノではカジノゲーム中にイカサマや犯罪が起きないように監視システムが徹底されることが考えられ、とくにプレイヤーのゲームプレイを常時監視する監視カメラは、カジノ場入口や天井、スロットマシンに複数設置され、ゲームテーブルにいたっては1テーブルにつき1台以上の監視カメラにより、ゲーム中の進行ミスやカードやダイスに仕掛けや細工が施されていないかなどの不正、イカサマ、あるいは窃盗、すり替えなどの各種トラブルが24時間チェックされると考えられます。

 

また海外の主要カジノでは、カジノ場内や場外のレストランやショップ、ホテルのロビーなどにも監視カメラが導入されていることが普通で、カメラだけで合計5000台を優に超えるケースがほとんどなので、数多くの観光客誘致が期待できる和歌山カジノではさらに多くの監視カメラが設置される可能性があると推測できます。

 
さらに、監視カメラ自体は日本や中国の最先端技術が取り入れられた製品が開発されることが見込まれ、詳細な映像データ解析ができたりAIによる不正トラブルの自動検出が可能になるなど、プレイヤーとディーラー双方でイカサマを行うことが不可能になるシステムが作られるかもしれません。

 

一方、不正やイカサマ、窃盗などが見つかったプレイヤーやカジノ従業員については、現場のカジノ場や系列カジノのデータベースにアクシデントが記録されるだけでなく、悪どいケースの場合は数年間のカジノ場への入場禁止や永久利用禁止になるかもしれません。

 
カジノ従業員の採用についても、将来犯罪者になりそうな人に事前フィルターをかけるため、面接の段階で親族・交友関係や、強盗・家庭内暴力、詐欺の犯罪既往歴の確認などが行われるケースも考えられます。

 
少なくとも、和歌山カジノではシンガポールカジノ並みのセキュリティになる可能性と、AI技術が導入される可能性があることから、かなり厳しめの罰則規定と事前調査がなされることが推測されます。

 

なお、マカオに次ぐ世界第2位の売上をほこるラスベガスカジノでは、年間約500件の逮捕事例があると言われていますが、日本のカジノではAIやロボットを導入した次世代型システムにより、多くの事件を未然に防止する体制ができると考えられます。
 

関連記事

ページ上部へ戻る