和歌山カジノの年齢制限(18歳未成年)

和歌山カジノの年齢制限

海外では、カジノ場へ入場するためには、入場者が成人であるという規定が設けられています。

 
具体的には、マカオやラスベガスのカジノで21歳以上、韓国やオーストラリア、またはヨーロッパ各国のカジノで18歳以上といったところです。

 

また、ラスベガスのように、カジノリゾート内のホテルに宿泊している子供がカジノ場に入らないと外出できない(出口とホテルの間にカジノがあるから)状況があったり、カンボジアなど数ヵ国の国では、一部のカジノ場で親が同伴している小さい子供の入場が厳しくなかったりするケースがありますが、成人未満の子供がカジノゲームをプレイできない点はどの国でも共通しています。

 
これらのことから、和歌山カジノでは、20歳以上はカジノ場へ入場してカジノゲームで遊ぶことができ、20歳未満は入場とカジノゲームプレイが禁止になることが見込まれます。

 

一方、今後日本で民法の改正が行われ、成人年齢が20歳から18歳へ引き下げられることになると、カジノ場への入場の可否が18歳で区切られることになるかもしれませんが、ギャンブル禁止年齢は現行の20歳未満(未成年者)で変わらない可能性が高いようです。
 

関連記事

ページ上部へ戻る