和歌山カジノ大小(タイサイ)シックボーのミニマム&マックスベット

和歌山カジノ大小(タイサイ)シックボーのミニマム&マックスベット

大小(シックボー)は、シンガポールやマカオ、韓国、オーストラリアなどアジア地域のカジノ場で見られるカジノゲームですが、中国人、韓国人、台湾人を中心とする外国人観光客をターゲットとする和歌山カジノでも、数台は設置されることが予想されます。

 

賭け金額に関しては、シンガポールカジノのゲームテーブルを参考に設定されることが考えられるので、マキシマムベットで約20,000USD~50,000USD(リゾートワールドセントーサ)クラスのテーブルが入ることになるかもしれません。

 
また、大小(シックボー)の賭け金額がどこの国よりも高めに設定されているマカオカジノを参考にした場合は、MGMマカオが10,000USD~15,000USD、リスボアカジノが15,000USD~20,000USD、シティオブドリームス・ウィンマカオ・スタジオシティなどで20,000USD~50,000USD、ギャラクシーマカオとブロードウェイは50,000USD~100,000USDクラスのテーブルがあるので、これらの賭け金額に近いテーブルが導入されるのではないでしょうか。

 
ベネチアンカジノやプラザカジノなどラスベガスサンズ系列カジノのように、一般人が利用するカジノ場でマキシマムベット200,000USD以上のVIPプレイヤー用ハイリミットテーブルが設置される可能性も十分考えられるでしょう。

 

一方、デジタルシックボー(電子シックボー)では、マキシマムベット額200USD~500USDほどで楽しめるテーブルがマカオカジノに多い印象があり、さらにライブ中継シックボーに関しては、300USD~2,000USD、あるいはラスベガスサンズ系列カジノで3,000USD~5,000USDクラスのゲームテーブルが平場カジノのマスフロアで遊べることから、大阪の関西国際空港から多くのアジア人が来客する和歌山カジノでも、これらの賭け金額を参考に次世代デジタルシックボーテーブルのベット額が決まるかもしれません。
 

関連記事

ページ上部へ戻る