和歌山カジノスリーカードポーカーのルール/やり方

和歌山カジノポーカー(スリーカード)のルール/やり方

スリーカードポーカーは、プレイヤーとディーラーのそれぞれが持つ3枚のカードでハンドの強さを競い合うポーカーゲームです。

 
カードはA(エース)が最も強く、K・Q・J・10…3・2の順番に強さが弱まりますが、A(エース)はカードの組み合わせにより1として扱われるケースがあります。

和歌山カジノポーカー(スリーカード)のゲーム進行

1. チップをベットする

プレイヤーはゲームテーブル上のアンティ(Ante)ベットエリアにカジノチップを賭けます。
 
また、この時ペアプラス(Pair Plus)エリアへのベットを行うことも可能です。
 

2. カードが配布される

ディーラーは、プレイヤーとディーラー自身にそれぞれ3枚ずつのカードを裏向きに配布します。
 

3. ゲームを続けるか決める

プレイヤーは配られたカードを確認して、ゲームを続けるか降りる(Fold)かを決めます。そして、ゲームを続ける場合は、プレイベット(Play Bet)エリアに自身のカードを置き、アンティベット(Ante Bet)エリアに置いた賭け金額と同額をベットします。
 
その後、ディーラーが手持ちカード3枚を表向きにします。
 

4. 勝敗結果

ディーラーのハンドが「Q(クイーン)」未満のカードしかない場合、アンティベット(Ante Bet)に対して1倍の配当(イーブンマネー/Even Money)を得られます。

 
また、ディーラーのハンドが「Q(クイーン)」以上のカードの場合で、プレイヤーの方がハンドが強い時、プレイベット(Play Bet)とアンティベット(Ante Bet)それぞれに対して1倍の配当(イーブンマネー/Even Money)を得られます。

 
ディーラーの方がハンドが強い場合は、賭け金は没収されます。

 
* アンティボーナス(Ante Bonus)に関しては、韓国のセブンラックカジノを例にすると、アンティ(Ante)ベットエリアにカジノチップを賭けた場合で特定ハンドを持つ時、ゲームの勝敗に関わらず配当金を得ることができます。具体的には、ストレートフラッシュで5倍、スリーカードで4倍、ストレートで1倍の配当となります。
 
* ペアプラス(Pair Plus)に関しては、韓国のセブンラックカジノを例にすると、ペアプラス(Pair Plus)ベットを行なった場合で特定ハンドを持つ時、ゲームの勝敗に関わらず配当金を得ることができます。具体的には、ストレートフラッシュで40倍、スリーカードで30倍、ストレートで6倍、フラッシュで4倍、ワンペアで1倍の配当となります。

 

ハンド名詳細
ストレートフラッシュ
(Straight Flush)
同じマークで連続数字
スリーオブカインド
(Three of a Kind)
同じ数字カードが3枚
ストレート
(Straight)
連続数字カードが3枚
フラッシュ
(Flush)
同じマークカードが3枚
ワンペア
(One Pair)
同じ数字カードが2枚

 

関連記事

ページ上部へ戻る