和歌山カジノクラップスの種類

和歌山カジノクラップスの種類

クラップスは、ディーラーが投げる2個のサイコロの合計数を当てるシンプルなゲームで、主にラスベガスやマカオのようなカジノシティにある巨大IR施設内で見られるカジノゲームですが、ゲーム台のベットスペースや配当率の種類が多く複雑な印象を持たれることがあり、あまりプレイヤーに人気があるカジノゲームとは言えません。

 
ただ、参加プレイヤーが1人ずつローテーションでサイコロを投げることになり、投下したダイスの目が勝敗に影響するため、「プレイヤー全員vsディーラー」の戦いとしてプレイヤー同士でかなり盛り上がるゲームです。そのため、ゲームの性質を考えた時には、和歌山カジノでもクラップステーブルが1~2台は設置される可能性は考えられるでしょう。

 

また、クラップスの種類に関しては、巨大なバスタブ型テーブルを使用する通常のアナログ式テーブル以外には種類がなく、バカラルーレットブラックジャックで一般的なライブ中継ゲームやデジタルゲームは海外カジノに存在しないと思います。そのため、和歌山カジノでも採用されないでしょう。
 

関連記事

ページ上部へ戻る