和歌山カジノブラックジャックの種類

和歌山カジノブラックジャックの種類

和歌山カジノに設置される主流カジノゲームの一つとしてブラックジャックが挙げられると思いますが、ブラックジャックは主にアメリカやカナダのカジノ場で遊ばれているゲームなので、中国やアジア圏の観光客が多く来場すると見込まれる和歌山カジノでは、バカラ並みに数多くのゲームテーブルが設置されることは考えにくいかもしれません。

 
また、韓国のカジノ場などを参考にすると、ブラックジャックはポーカーテーブル(3カードカリビアンスタッドなどディーラー&プレイヤー対戦型ゲーム)やルーレット台と同じくらいのテーブル数が用意されるような印象があります。

 

しかし、日本を含めたアジア圏でもブラックジャックをプレイするファンは非常に多く、和歌山のカジノ場内の規模がかなり広大に造られることを考えると、けっしてブラックジャックのテーブル数が少なくなるわけではなく、通常の海外カジノよりも多くの台数が設置されるのではないでしょうか。また、ブラックジャックの種類も豊富に用意される可能性があります。

 
たとえば、マカオカジノでひんぱんに見られる「ブラックジャック21」や、ラスベガス、シンガポール、フィリピンの「ポンツーン」「ブラックジャックスウィッチ」、オーストラリアの「ブラックジャックチャレンジ」「ブラックジャックPLUS」、そのほか和歌山カジノ独自の名前を冠したブラックジャックなどが、テーブルの種類として候補の一つとなるのではないでしょうか。とくにポンツーン、ブラックジャックスウィッチ、ブラックジャック21は採用される可能性が高い気がします。

 

一方、1人のディーラーに対して数多くのプレイヤーがタブレットマシン(1人1台)でゲームに参加可能なライブブラックジャックや、ブラックジャックを遊べるスロットマシンやデジタルマシンが導入されることも容易に想定することができ、とくにライブ中継ゲームは毎年プレイヤー数が増加し続けているほどなので、これまでのアナログテーブルで遊ぶブラックジャックよりも需要があるのではないかと考えられます。
 

関連記事

ページ上部へ戻る