和歌山カジノブラックジャックのミニマム&マックスベット

和歌山カジノブラックジャックのミニマム&マックスベット

カジノゲームの中で主流ゲームの1つであるブラックジャックは、とくにアメリカ合衆国で人気がありゲームテーブル数が他国よりも圧倒的に多い点が特徴で、さらにマカオやシンガポール、フィリピン、韓国、オーストラリアなどのアジア&オセアニア地区のカジノ場よりもハイレートで遊べるテーブルが複数存在しています。

 
そのため、もし和歌山カジノで、アジアからの観光客のほかにもアメリカ人旅行客をカジノプレイヤーとして集客する場合は、ブラックジャック好きが多いアメリカ人を主に対象とするミニマムベット額、マキシマムベット額が高く設定されたブラックジャックテーブルが数台用意されるかもしれません。

 

ラスベガスカジノの具体例としては、ベネチアンカジノウィンラスベガスシーザーズパレスベラッジオモンテカルロMGMカジノなどの大手IRでは10,000USD(約110万円)以上クラスのゲームテーブルが用意されており、一般客が利用する平場で最大賭け金額1,000万円以上のカジノ場も存在するほどなので、和歌山カジノでもこの水準に近いゲームレートで楽しめるテーブルが設置されても不思議ではないでしょう。

 
ひょっとすると、カジノで1回数百万円から数千万円ベットするようなハイローラーがゴロゴロ居るVIPルームでは、個別に最大賭け金額を設定できるプランが用意される可能性も考えられます。

 

また、日本でのIR誘致先が和歌山カジノ以外に大阪カジノに決まった場合は、地理的に近い両者カジノがジョイントすることで売り上げの相乗効果を生むために、和歌山カジノ側が大阪カジノのレート水準に合わせてくるかもしれません。もしそうなれば、ラスベガスを超えるくらい幅広いレートで楽しめるブラックジャックテーブルが用意され、世界有数の高額ハイレートテーブルがあるカジノとして和歌山カジノが認知されるのではないでしょうか。

 
ちなみに、日本カジノのゲームレートの参考になるであろうシンガポールのマリーナベイサンズやリゾートワールドセントーサでは、最大賭け金額が3,000~5,000USドル(約33万~55万円)ほどに設定されており、和歌山カジノのブラックジャックのミニマム、マキシマムベットもこの辺りのレートが設定される可能性は考えられます。

 
★シンガポールカジノのブラックジャック賭け金額
≫ マリーナベイサンズのブラックジャック賭け金額はコチラ
* 他サイトに移動します。
 

関連記事

ページ上部へ戻る