和歌山カジノバカラの種類

和歌山カジノバカラの種類

和歌山カジノでは、一般の平場やハイリミットフロア、ハイローラープレイヤーのためのカジノVIPルームなど、すべてのカジノゲームルームでバカラテーブルが最も多くの台数を占めることになると思います。

 
これは、和歌山カジノにバカラ好きの中国人やアジアからの観光客が多く来場することが想定されるからですが、ゲームの種類としては、通常のバカラテーブル以外にも、バカラの派生ゲームやゲームマシンを使ったデジタルバカラ、ディーラー1人につき多くのプレイヤーがビデオマシンを使ったモニター中継でプレイに参加できるライブバカラが導入されるのではないでしょうか。

 

たとえば、バカラの派生ゲームでは、通常のバカラよりも参加可能なプレイヤーの人数・座席が少なく賭け金額が低めに設定されている「ミニバカラ」や、オーストラリアなどいくつかの外国のカジノ場で見られる「ノンコミッションバカラ」、和歌山カジノにしかない独自ルールが採用されたオリジナルのバカラなども、ひょっとすると遊べるようになるかもしれません。

 
また、デジタルバカラやライブバカラは、カジノ場の面積が大きければ大きいほど設置フロアの数も多くなるのが普通ですが、もし和歌山カジノが大きくても韓国の仁川国際空港近くにあるパラダイスシティやフィリピンの首都マニラのオカダマニラカジノくらいの規模になれば、デジタルバカラは2~4台、ライブバカラステーションは1フロアで収まるような気もします。

 
* ただし、パラダイスシティやオカダマニラのカジノは、カジノ場としては広い方に属すると思います。
 

関連記事

ページ上部へ戻る