和歌山カジノバカラのミニマム&マックスベット

和歌山カジノバカラのミニマム&マックスベット

海外カジノのバカラに関しては、とくにアジアのカジノ場ではどこへ行ってもカジノ胴元の売上高No.1をほこるほど人気が高いゲームですが、これもお金持ちプレイヤーの顧客が多いカジノVIPルームのメイン卓がバカラであることが非常に大きく影響しているといえます。

 
VIPルームでは、最小賭け金額と最大賭け金額の設定金額が他のカジノゲームと比較して圧倒的に高額に設定されており、1回のゲームで数百万円~数千万円ベットされている光景も良く見られるのですが、じつは最近では、一般の人たちが利用するカジノ場(平場)でも、賭け金額のミニマム&マキシマム金額が軒並み上昇している傾向があり、とくに中国のマカオでその傾向が強いように思います。

 

さて、そんなバカラの賭け金額のミニマム&マキシマム金額ですが、基本的にはサンズチャイナやMGMウィンリゾーツメルコリゾートエンターテインメントなどがマカオで運営する巨大IR施設内のカジノ場にハイレートテーブルが多く、同じアジアのシンガポールにあるマリーナベイサンズのカジノ場も、かなり高額な賭け金額がベットできるテーブルが存在しています。

 
そして、今やアジアのカジノ場のバカラレートは、ラスベガスカジノと比較しても約4倍~10倍の金額になっているテーブルも存在しており、これもバカラ好きな中国人の居住者や観光客が毎年多くカジノ場へ来場することを見越した金額設定になっていると見ることができるでしょう。

 

また、VIPルームのバカラテーブルも同じように破格のレートで運営されているテーブルが複数あり、さらにマカオやシンガポールなどアジアのカジノ場でVIP会員になるためには、最初に200万円~1,000万円ほどのVIPルーム専用チップを事前購入する必要があり、この専用チップは換金ができないシステムになっているので、すべてバカラなどのカジノゲームに費やす必要がある仕組みになっています。

 
その専用チップは、ほとんどがバカラで費やされるので、その会員システムを加味しただけでも、バカラの売上金が他のゲームを圧倒して高額で、それにつれてバカラテーブルのミニマム&マキシマム金額も上がっていく現状には納得できるのではないでしょうか。

 

ひょっとすると和歌山カジノには、マカオやシンガポールで遊んでいたプレイヤーたちが新鮮さや新境地を求めて来場することを考えると、アジアのどのカジノ場よりもミニマム&マキシマム金額が高いバカラテーブルが登場することも考えられるでしょう。

 
★シンガポールカジノのバカラ賭け金額
≫ マリーナベイサンズのバカラ賭け金額はコチラ
* 他サイトに移動します。
 

関連記事

ページ上部へ戻る