和歌山カジノバカラの攻略法&必勝法パターン

和歌山カジノバカラの攻略法&必勝法パターン

和歌山カジノのバカラゲームで勝つためには、まずは「バカラで勝つための攻略法や必勝法は存在しない」という事実を受け入れることから始める必要があるかもしれません。そもそもカジノゲームは、日本にあるパチンコ・パチスロや競馬・競輪などの公営競技、さらに宝くじやロト・ナンバーズといったゲームと同じく「ギャンブル」に属しているため、技術を磨いたり頭脳を駆使して戦略を編み出すことによって勝てる類のゲームではないのです。カジノで頭脳ゲームの一種に該当する「ブラックジャック」であっても、カードカウンティングのようなスキルを使ってプレイすることはカジノ場で禁止されている行為であるし、カードカウンティング自体もかなりの記憶力を持つ人や勝負師としての才能がある人でないと成功することが難しい戦略手法なので、実質的にカジノゲームでは攻略法や必勝法はないと言っても過言ではないのです。

 
* ただし、ポーカーの「テキサスホールデム」や「オマハ」は、カジノにあるゲームの中で唯一スキルゲームに属しています。

 

このように、和歌山カジノのバカラでは数学的に確実に勝てる方法は存在しませんが、ブラックジャック攻略法のような戦略手法がないわけではありません。バカラには「資金管理システム」と呼ばれる数学的に有効とされる打ち方をまとめた必勝システムはあります。

 
13の資金管理システムとは?

 
しかし、この資金管理のシステム通りにバカラをプレイし続けてしまった場合、勝率が上がってコツコツ小さな勝利を積み重ねていくことができるものの、ある地点で大負けを経験する可能性が高いとされているので、どこかのタイミングで賭け金額を大きく上げたり、あるいは下げたりして調整する必要性が出てきます。

 
また、数千回・数万回と長期的にバカラをプレイし続けることによって、あらかじめバカラゲームに設定されている理論上正確なハウスエッジ比率の勝敗結果に収束していき、プレイヤーは必ず負け越すことになってしまうため、極力1回1回のゲームを短期決戦で終了させる思考が必要になるかもしれません。とくに大きく勝っている時ほど、勝利を腹八分目までに抑えないと、運が下降している状況でもゲームを続けてしまい、逃げ時を逃して負債を抱えた状態でゲームを終了することになるケースが多くあるので注意が必要です。

 

上記のように、和歌山カジノのバカラで遊ぶ際には、攻略法や必勝法が存在しないギャンブルと割り切って楽しんでプレイして、運よく勝ち金を手にすることができたら、その都度利益を確保して預金として残したり、和歌山IR内のショップでブランド品購入やレストランでの食事代に充てるなどして有効活用すると良いのではないでしょうか。あるいは勝ち金を再投資してレバレッジを効かせて勝負する場合でも、すべてのあぶく銭が消えることを覚悟して、ある程度の量は現金などに利益確定しておく方法がオススメです。
 

関連記事

ページ上部へ戻る